TOKOIRIYA-STAGE

『トコイリヤ』について

緑間玲貴を中心に構成している「トコイリヤ・プロジェクト」はバレエ、琉球舞踊、コンテンポラリーダンス、日本古来の巫女舞、観音舞、などの各舞踊に共通する「眞・善・美・愛」の世界観を基に新たな世界観をもった舞踊作品を継続的に創造・発信をすることを追求し、沖縄県から、日本国内、国外への発信を目指しています。

 

「トコイリヤ」は、2015年5月の東京「座・高円寺」での初演を成功させ、2016年1月に沖縄の自然の洞窟「ガンガラーの谷」で第2回公演を開催。その独自の世界観に反響が広がり、地元TV局(琉球放送株式会社)の全面バックアップで沖縄での再演が急遽決定し、同年6月に再演を果たしました。

 

【vol.3公演内容】

『RE BORN「再生」~Bolero~』(ラヴェル曲)を発表。

「柳元美香の観音舞と緑間玲貴のバレエ」という西洋と東洋の舞の型を融合させ、新しい舞踊アイデンティティーの確立と鮮烈な世界観を打ち立て、観客に驚きと感動をもたらし、唯一無二の舞踊作品が誕生しました。

 

【vol.4公演内容】

舞踊の根源とその動機である「祈り」と「はじまり」を本公演の大きなテーマにし、様々な側面から光をあてる。劇場版へと更に進化した『RE BORN「再生」~Bolero~』(ラヴェル曲)を筆頭に、「ルミエール・ドゥ・レスト」「I suz U」など緑間玲貴振付作品や、上杉真由との共作「道」を披露。

 

【vol.5公演内容】

「一人の女性の魂の転生と昇華」を描くオムニバスとして作品を提示。

ロマンティック・バレエの名作『ジゼル』を現代の視点から再創造する試みで全幕上演を構想している『MYRTHA』より抜粋、沖縄の先祖供養の祭事を扱った『清明(せいめい)』(振付:上杉真由)、緑間が 倭建命、前田が弟橘媛命に扮する『the SWAN~倭建命~』などの新作を公開した。

 

【vol.6公演内容】

沖縄初の劇場での公演。

伝統芸能の殿堂「国立劇場おきなわ(大劇場)」で開催。

vol.5の演出を軸に発展させた舞台演出と、新作バレエ「四方拝」を交えて壮大なスケールで公演を実施。

特集記事などのご紹介

e +エンタメ特化型情報メディア『スパイス』記事

https://spice.eplus.jp/articles/257945

バレエ1.jpg

e +エンタメ特化型情報メディア『スパイス』記事

https://spice.eplus.jp/articles/146476

バレエ-2.jpg

© RYOKI MIDORIMA OFFICE. All rights reserved.