TOKOIRIYA-STAGE

『トコイリヤ』について

沖縄出身のバレエ・アーティスト緑間玲貴を中心に構成しているバレエ公演企画。
バレエ、琉球舞踊、日本古来の巫女舞、観音舞などの各舞踊に共通する「眞・善・美・愛」の世界観を基に、新たな世界観を生みだす舞踊作品を継続的に創造することを追求し、国内外に発信をしている

 

「トコイリヤ」は、2015年5月の東京「座・高円寺」での初演を成功させ、2016年1月に沖縄の自然の洞窟「ガンガラーの谷」で第2回公演を開催。その独自の世界観に反響が広がり、地元TV局(琉球放送株式会社)の全面バックアップで沖縄での再演が急遽決定し、同年6月に再演を果たしました。

 

【vol.3公演内容】

『RE BORN「再生」~Bolero~』(ラヴェル曲)を発表。

「柳元美香の観音舞と緑間玲貴のバレエ」という西洋と東洋の舞の型を融合させ、新しい舞踊アイデンティティーの確立と鮮烈な世界観を打ち立て、観客に驚きと感動をもたらし、唯一無二の舞踊作品が誕生しました。

 

【vol.4公演内容】

舞踊の根源とその動機である「祈り」と「はじまり」を本公演の大きなテーマにし、様々な側面から光をあてる。劇場版へと更に進化した『RE BORN「再生」~Bolero~』(ラヴェル曲)を筆頭に、「ルミエール・ドゥ・レスト」「I suz U」など緑間玲貴振付作品や、上杉真由との共作「道」を披露。

 

【vol.5公演内容】

「一人の女性の魂の転生と昇華」を描くオムニバスとして作品を提示。

ロマンティック・バレエの名作『ジゼル』を現代の視点から再創造する試みで全幕上演を構想している『MYRTHA』より抜粋、沖縄の先祖供養の祭事を扱った『清明(せいめい)』(振付:上杉真由)、緑間が 倭建命、前田が弟橘媛命に扮する『the SWAN~倭建命~』などの新作を公開した。

【vol.6公演内容】

当初、国立劇場おきなわでの1日公演を予定していたが感染症拡大防止による一連の流れにより、一時開催を検討。
その後、「芸術の灯は消せない」という緑間玲貴の発言と共に、
バレエ作品の新規映像制作と、劇場からの生配信をパッケージ化
する
トコイリヤ ARt MOViEng 』(トコイリヤ アート ムーヴィング)と観客動員型公演『トコイリヤ RYOKI to AI vol.6』の
2本立てで企画が立ち上がる。この企画は、宜野座村文化センター「がらまんホール」の全面協力を得て行われる。

​新作「四方拝」を公開。

特集記事などのご紹介

e +エンタメ特化型情報メディア『スパイス』記事

https://spice.eplus.jp/articles/274879

123456.jpg

e +エンタメ特化型情報メディア『スパイス』記事

https://spice.eplus.jp/articles/271111

1234567.jpg

e +エンタメ特化型情報メディア『スパイス』記事

https://spice.eplus.jp/articles/257945

バレエ1.jpg

e +エンタメ特化型情報メディア『スパイス』記事

https://spice.eplus.jp/articles/146476

バレエ-2.jpg