NEWS プレスリリース

​2020.04.29

   【「トコイリヤ RYOKI to AI vol.6」についてと新企画「ARt MOViEng」のお知らせ】

日頃より、私共の活動にご声援、ご協力を賜り誠にありがとうございます。
この度の感染症によりお亡くなりになられた方々、またご遺族の皆様に謹んで哀悼の意を表するとともに、罹患されている方々と感染拡大により日常生活に影響を受けられている全ての皆様に心よりお見舞い申し上げます。

また、最前線で国民の健康福祉に貢献してくださっている医療従事者、介護従事者の方々に心より敬意を表します。1日も早い終息をお祈り申し上げます。

現在、日本はもとより世界中の舞台芸術の公演や、あらゆる芸術活動は自粛及び中止となっています。トコイリヤ公演も例外ではなく、昨年より、7月に沖縄公演開催を検討し、皆様に発表しており、私たちもまた多くの芸術団体と同じく公演開催の可否、チケットの発売時期などを、日本と世界情勢を緻密に観察しながら、どのように行動するべきか考える日々でした。

現在の時勢では、過去2019年11月公演のように、安全に劇場でお客様をお迎えすることは大変難しく、7月23日(木)に開催予定の「トコイリヤ RYOKI to AI vol.6」は、開催不可という結論に至りました。

ご来場、ご購入をご検討頂いていた皆さまには、ご迷惑をお掛けする事となり大変申し訳ございません。

 

しかし、私たち芸術に携わるものがこの灯火を消し、歩みを止めて良いものでしょうか?

芸術は、圧倒的に人類に必要な生命維持活動のうちの一つであり、社会が混迷を極める時にこそ必要な「美の松明」であります。それをよく知る芸術家は、人々と手を携え、時に寄り添いながらこの松明を燃やし、高く掲げ、闇を照らし、皆様が心に灯を取り戻す為の、一条の光となる使命があります。

 

芸術の灯は消してはなりません。

また、そう簡単に消せるものでもありません。
 

いかなる時も人々の心を芸術という灯で照らし、止めることなく輝かせ続ける事は、芸術家として当然の使命と考えております。

人類の生活・文化が様変わりしようとしている現況の中で、今後も芸術活動を止めることなく、いかにして皆様と心をひとつにできるかを模索する中、新しいご提案をするという、ひとつの結論に達しました。 

 

新プロジェクトは、ARt MOViEng(アート・ムーヴィング)というスタイルのご提案です。オンラインを駆使できる時代、人々が劇場に行かれない時は、私たち芸術家が皆様に寄り添います。
 

開催を予定していた同日・同時間に、皆さまが安全で、且つ安心な状況で公演をお楽しみいただける様、私たちは劇場より動画のライヴ配信を行い、皆様のお手持ちのデバイスなどで視聴いただく形式にて、舞台公演及びそれに付随する芸術映像作品をお届けする私共の新たな挑戦です。 

 

 

【ARt MOViEng(アート・ムーヴィング)とは】 
ART +AR + MOVIE + MOVING を合わせた新しい言葉です。
 

・ART (芸術) 

・AUGMENTED REALITY(拡張現実感) 

・MOVIE(映像) 

・MOVE(動く)

・MOVING(感動を呼び起こす・引越) 

 

同じ日、同じ時間に世界中の皆様と想いをひとつにし、大きな心の柱をたてることが叶いましたら、トコイリヤの活動もこの上ない新しい局面を迎えることと思います。

皆様におかれましても、私どもの新たな挑戦にご賛同いただき
限りある人生の無限なる時間を共有できますことを、心待ちにしております。

 

緑 間 玲 貴

前  田  奈 美 甫

上 杉 真 由

柳 元 美 香

トコイリヤ出演者、トコイリヤ公演事務局、スタッフ一同

<新企画概要>
 

【企 画 名】

『トコイリヤ ARt MOViEng』(トコイリヤ・アート・ムーヴィング)

【上演日時】

 2020年7月23日(木・祝) 19:00  Live配信 

企画内容などの詳細に関しましては、改めて後日お知らせいたします。

---------------------------------------------------

【4月29日は国際ダンスデー】
 

国際連合教育科学文化機関(UNESCO、ユネスコ)の舞台芸術の部門を担当する国際演劇協会(International Theatre Institute:ITI)のダンス委員会が1982年(昭和57年)に制定。英語表記は「International Dance Day」。


日付はフランスの舞踏家・バレエマスターであるジャン=ジョルジュ・ノヴェール(Jean-Georges Noverre、1727~1810年)の誕生日にちなむ。

この日には、世界中でこの日を記念して、ダンスパフォーマンスや、実際に体を動かすダンスワークショップなどダンスに関連した様々なイベントが開催される。

記念日を通じて、普段ダンスと接点を持たない人達にもダンスに触れてもらう有意義な日となっている。

ノヴェールは、19世紀の物語バレエ作品としてのバレエ・ダクシオン創造の先駆者に位置づけられている。バレエ・ダクシオンとは、一貫した演劇的な筋立てで構成されるバレエのこと。起承転結、三一致の演劇法則にのっとり、台本、音楽、美術、演出、振付などすべての構成要素が、その筋立てに沿って制作される。